メインメニュー
このサイトについて
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
10235342

1944 :昨日
0828 :本日
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
「変貌する現代資本主義とその歴史的運命」もくじ
『変貌する現代資本主義とその歴史的運命』
詳細の目次

前書き


一、資本主義経済制度の確立

  1. 封建的自然経済の瓦解と資本主義的商品経済の発展
  2. 資本の原始的蓄積
  3. ブルジョア革命と資本主義の経済制度の樹立

二、資本主義発展の歴史的段階

  1. 自由主義的資本主義の発展段階
  2. 独占資本主義の発展段階

三、本書の研究対象

 


第一章 現代独占資本主義の変化と発展


第一節 戦後独占資本主義の新しい発展

一、国内独占の新しい発展

  1. 独占規模と度合いの不断の拡大
  2. 金融資本およびその支配のつよまり

二、 国際独占の新しい発展

  1. 生産と資本の国際化の発展
  2. 国際独占資本の多様な発展
  3. 多国籍企業の発展

第二節 国家独占資本主義の発展

一、国家独占資本主義の形成と発展

二、国家独占資本主義の基本的形態

  1. 国有独占資本
  2. 国家経済政策の発展

三、国家独占資本主義の役割

 


第二章 新科学技術革命と現代資本主義経済


第一節 現代科学技術革命およびその特徴

一、科学技術革命の由来と発展

二、現代科学技術革命の勃興とその内容

  1. 情報技術
  2. 新素材技術
  3. 新エネルギー技術
  4. 生命工学技術(バイオテクノロジー)
  5. 空間技術
  6. 海洋開発技術

三、現代科学技術革命の特徴

  1. 科学と技術の関係がますます緊密に結びついている
  2. 電子技術をはじめとする一連の新しい製品群の流れ
  3. 科学技術発展の全面性

第二節 新科学技術革命の現代資本主義経済への影響

一、新科学技術革命と現代資本主義の生産力

  1. 新しい科学技術革命は現代資本主義国の生産力に質的な飛躍をもたらした
  2. 新しい科学技術は労働生産性と国民総生産の増大を促進している
  3. 新しい科学技術は社会的分業を広く、深く発展させた

二、新科学技術革命と現代資本主義の経済構造

  1. 産業構造の変化
  2. 就業構造の変化

三、新科学技術革命と現代資本主義の生産関係

  1. 国家独占資本主義の発展をより早めた
  2. 資本管理の社会化度合いをより高めた

 


第三章 現代資本主義における所有制関係と企業制度


第一節 現代資本主義における所有制関係およびその特徴

一、資本主義所有制関係およびその発展

  1. 資本主義における所有関係のおもな内容と特徴
  2. 資本主義的私有関係の発展

二、現代資本主義における所有制関係の主要な特徴

第二節 現代資本主義の私有制の構造

一、民間独占資本―現代資本主義私有制の基礎と中核

  1. 民間独占資本の形態およびその変化
  2. 民間独占勢力のつよまり

二、国家独占資本―現代資本主義の私有制の重要な構成部分

  1. 国有企業独占資本と国有企業
  2. 国と民間の共同の独占資本と国と民間の共同経営企業(第三セクター形態)

三、非独占中小資本―民間独占資本の重要な補完

  1. 非独占中小企業およびその発展の現状
  2. 非独占中小企業の存在と発展のおもな原因

四、法人資本―資本主義の私有制発展の重要な形態

  1. 法人資本およびその発展の概況
  2. 現代法人資本発展の主要な特徴と本質
  3. 法人資本の役割

第三節 現代資本主義の経営形態と企業制度

一、株式経営形態と株式資本

  1. 株式経営形態およびその主要な仕組み
  2. 株主資本およびその主要な性質

二、株式経営の特徴と役割

  1. 株式経営の発展の概況
  2. 株式経営と株式会社の特徴
  3. 株式経営と株式会社の役割

三、現代資本主義の企業制度

  1. 会社の特徴
  2. 会社の種類
  3. 株式会社の管理制度

 


第四章 現代資本主義の経済運営と国家関与


第一節 市場は資源配分の主要な手段である

一、現代資本主義経済における需要と供給

二、市場価格の形成と需給の弾力性

三、市場価格の資源配分への役割

第二節 資本主義マクロ経済の総量運動

一、総需要、総供給と国民収入の決定

二、マクロ経済の総量運動におけるバランスとアンバランス

三、マクロ経済運動における失業とインフレ

第三節 国家関与は現代資本主義の経済運営の重要な特徴である

一、現代資本主義諸国における経済関与の必然性と目標

二、ミクロ経済政策

三、マクロ経済政策

  1. マクロ財政政策
  2. マクロ貨幣政策
  3. 西側のマクロ経済政策への評価

 


第五章 現代資本主義社会の主な経済思想と経済体制モデル


第一節 現代資本主義経済運営理論の形成と発展

一、ミクロ経済理論の形成と発展

二、マクロ経済理論の形成と発展

三、現代西側経済理論にたいする評価

第二節 現代資本主義社会の主要な経済思想

一、ケインズ主義

  1. ケインズ理論
  2. 新古典派総合
  3. 新ケンブリッジ学派

二、新経済自由主義

  1. マネタリズム
  2. サプライサイド経済学派
  3. 合理的期待学派

三、新制度学派

  1. カール・ポランニーを代表とする新制度学派
  2. 新制度派経済学

第三節 主要な資本主義諸国の経済体制

一、アメリカの経済体制とマクロ・コントロール形態

  1. 財政政策
  2. 金融政策
  3. 産業政策

二、日本の経済体制と産業政策

三、ドイツの経済体制と調節政策

  1. 財政政策
  2. 貨幣政策
  3. 所得政策

四、フランスの経済体制と計画的調節

 


第六章 現代資本主義の所得再配分と社会保障


第一節 現代資本主義諸国の所得再配分への調節

一、政府の再配分を調節する原因と形態

二、政府の再配分を調節する役割と本質

三、戦後労働者階級の生活状況の変化および貧困

第二節 現代資本主義諸国の社会保障

一、現代資本主義諸国の社会保障の状況

二、現代資本主義の「福祉国家」の本質

三、現代資本主義諸国における社会保障制度の発展のすう勢

 


第七章 現代資本主義諸国の対外経済関係


第一節 経済生活の国際化

一、国際分業およびその深化

二、多国籍企業のかつてない発展

三、国際市場の開拓と国際貿易の増大

四、資本の国際化と国際投資の新しい局面

第二節 先進諸国のあいだの経済関係

一、経済活動の地域一体化とブロック化

  1. ヨーロッパ経済共同体(EEC)の発展とヨーロッパ連合(EU)の形成
  2. 北米自由貿易協定(NAFTA)

二、国際間における経済活動の協調と競争

  1. 先進国の間の経済協調
  2. 先進国の間の経済競争

三、先進諸国のあいだの矛盾の複雑化

第三節 先進諸国と発展途上国のあいだの経済関係

一、発展途上国の経済発展および相互関係

二、先進諸国と発展途上国とのあいだの不平等な経済関係

三、発展途上国の国際経済新秩序確立のための闘争

 


第八章 現代資本主義の階級構造と上部構造


   第一節 現代資本主義社会の階級的構造

      一、階級関係の新しい変化

      二、「経営者階級」と「中産階級化」

      三、現代資本主義社会の階級関係における対立性

   第二節 現代資本主義社会の政治制度

      一、現代資本主義国家の本質

      二、現代資本主義国家の基本的機能

      三、現代資本主義の民主主義制度

   第三節 現代資本主義の法制度とイデオロギー

      一、現代資本主義の法制度の本質、特徴および、その発展

      二、現代資本主義におけるイデオロギーの理論的基礎と階級的本質

      三、現代資本主義におけるイデオロギーの変化のすう勢

 


第九章 現代資本主義発展の歴史的すう勢


   第一節 戦後資本主義経済発展の二つのすう勢

      一、発展と停滞は戦後資本主義経済発展の二つのすう勢であった

      二、戦後における資本主義経済発展の原因

      三、現代資本主義経済の「スタグフレーション」

   第二節 社会主義が資本主義にとってかわるのは歴史の必然である

      一、時代のテーマと二つの制度の並存

      二、社会主義が資本主義にとってかわるのは長期的である

      三、社会主義が資本主義にとってかわるのは歴史のすう勢である

 

この記事のTOPへ戻る

検索
今後の予定
  12 8
太平洋戦争勃発
  12 10
龍馬暗殺(1867)
  12 10
世界人権デー
他 522 件
  予定の追加
テーマ別の記事(選択してください)
テーマ別の最新記事
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]