メインメニュー
このサイトについて
全国放射線量カレンダー
話題のテーマ
出版物紹介
アクセスカウンタ
10121016

3422 :昨日
0320 :本日
本日のキリ番です
名前
一言
おすすめ商品
会員専用ページ・ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
『労働通信』サイトへようこそ!
   『労働通信』サイトは、労働運動に真剣にとりくむ人、職場の問題に悩む人が、ここにアクセスすれば、情報をしらべたり、ヒントをえたりできるサイトをめざします。

 

   サイトへのご意見をお聞かせ下さい。→メール   
最新のニュース・記事
投稿者: rodo-info 投稿日時: 2017-10-17 22:46:09 (20 ヒット)

北朝鮮脅威論を煽り、儲けを狙う軍需産業とその手先
〜戦後政治の大きな分岐点となる総選挙〜






半木 智


「北朝鮮の挑発行為」という言葉をすべてのマスコミ(赤旗も)が用いています。私はここに違和感を持ちます。

「挑発」という言葉は相手に何らかの行動を起こさせようとして為される行為です。北朝鮮は世界に対してどんな行動を要求しているのでしょうか。

自国に対する軍事行動や経済封鎖を求めているのでしょうか。そんな馬鹿げたことはあり得ません。「挑発」という言葉を使うすべてのマスコミに問いたい。北朝鮮は何を望んでいるのでしょうか。

マスコミの言葉づかいでおかしいことがもう一つあります。「北朝鮮のミサイル」です。辞書を引けばすぐ分かりますが、「ミサイル」は弾頭に爆弾を装備したロケットのことです。この間、北朝鮮が飛ばしていたのはすべてロケットです。あのトランプ大統領が正確に「小さなロケットマン」と言っています。

北朝鮮の核は「挑発」ではなく「悲鳴」
以下のことは私が考えたことではありません。以前朝日新聞に掲載された某独立法人の主任研究員の話です。私が今一番納得できる北朝鮮像です。彼はこう言います。

北朝鮮が一番恐れているのは、韓国に併合されるか、米国の攻撃を受けてイラクのように政権を潰されてしまうことだ。ところが悲しいことに、北朝鮮の経済力では、それらに対処するだけの軍事力を持つことができない。それらの恐怖に対抗しうる最もお金のかからない方法が核開発なのだろう。北朝鮮に侵攻すれば、その軍隊の目の前で核兵器を爆発させる。それが嫌なら軍事侵攻をするなということだ。
私は以前から、自国民を飢えさせているような国がどうして外国を侵略できるでしょうかと言ってきました。それに近い意味合いですが、こちらの方に説得力があるので紹介しておきます。

北朝鮮の核実験やロケット発射を私は容認しません。それは核廃絶とは正反対の行為です。けれども、これが彼らの「挑発」ではなく、彼らの「悲鳴」なのだということだけは指摘しておきます。

理屈から言えば、米国の核の傘に入っている日本は、北朝鮮の核開発に文句は言えません。核兵器禁止条約に賛成せず、席を立った日本のテーブルにおかれた折り鶴を、私は恥ずかしいと感じています。日本はこの条約に参加すべきでした。そうすれば、北東アジアの非核化の理念で、北朝鮮に核の廃棄を迫ることができたでしょう。安倍さんも、貴方はどこの国の首相ですかと、被爆者から迫られることもなかったでしょう。

「北朝鮮怖い」のイメージづくりの狙いはどこに
それもこれも「北朝鮮怖い」のイメージづくりです。今や日本人の多くが、北朝鮮を、理性を持たない国家と見做しています。本当に理性を持っていないのであれば危険極まりないのですが、60年以上国家を維持してきた政府には、最低限の理性はあるとみるべきです。そうでなければ外交は成り立ちません。

このイメージ作りで安倍さんは何を目論んでいるのでしょうか。一つは、この非常事態に対処するために、単純なまでの力による北朝鮮抑え込みを目指す自分が、総理として一番相応しいと国民に思ってもらうこと。もう一つは、財政赤字の日本で、誰からも文句を言われず、防衛費を増額することです。

彼はなぜ防衛費の増額に血道をあげるのでしょう。それは単純です。防衛費は軍需産業の利益になるからです。経団連に属する有力企業の多くが軍需産業です。寺島実郎さんが安保マフィアと呼びましたが、米国の多くの会社もこのグループです。ここに我々の税金を注ぎ込みたいのです。軍需産業ほど旨味の大きい商売はありません。

そう考えれば、九条改悪も同じ意味を持ってきます。安保法制で集団的自衛権を認めた安倍内閣の、今年の国家予算は過去最高です。それでも未だ、九条がある間は、基本的に、日本は自衛の武器しか持つことができません。それに苛立っている自民党の国会議員の口から、敵基地をたたく攻撃型兵器の必要性が語られるようになってきました。その方向は核武装までつながっています。

安保法制の時、私は銭、金を問題にしました。憲法を変えようと訴える人たちは、日本の平和や安全に関心があるのではありません。彼らは武器商人の手先です。
そして由々しきことに、今度の選挙に立候補している自民、公明、希望、維新の各政党が、全部この「手先」なのです。公明は不服かもしれませんが、安保法制に賛成しておいて「平和の党」とは笑わせます。

今度の総選挙は本当に戦後政治の大きな分岐点です。ここはリベラルの踏ん張りどころでしょう。





検索
ミニカレンダー
前月2017 10翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
今後の予定
  (継続中) - 10 21
国際反戦デー
  11 10
ベルリンの壁崩壊(1989)
  12 8
太平洋戦争勃発
他 524 件
  予定の追加
このページをツイート
Twitter 労働通信
原発関連
労組関連
テーマ別の記事(選択してください)
テーマ別の最新記事
[ HOME ] [ NEWS ] [ BBS ] [ DOWNLOAD ] [ LINK ] [ FAQ ]